自己破産のデメリット

主な理由は以下の通りです。

  • 自己破産確定後は通称ブラックリストに登録されるため、5~10年間はローンを組むことや金融業者からお金を借りたり、クレジットカードを作ることが難しい。また7年間は再度自己破産をすることができません。
  • 弁護士や税理士、司法書士や公認会計士、保証人、後見人、取締役や監査役など他人の財産を管理する職業や資格が制限されます。
  • 官報に氏名・住所・破産手続きをした日時や裁判所が記載されます。
  • 破産管財人が選任された場合は住所の移転や旅行は裁判所の許可が必要となります。

複数借入の自己破産を借金相談

1件の借入に対する自己破産を借金相談する事もありますが、複数借入に対する自己破産を借金相談する事もあるでしょう。また、多重債務となっている人は多くの金融機関と取引している事もあり、自己破産を借金相談する際にはまず、どの金融機関と取引をしているのかという事を把握する作業から開始しないといけない事もあります。

自己破産を借金相談するのであれば、複数の金融機関と取引をする前に相談をして、多重債務とならない様にするのが理想的です。しかし、すでに複数借入がある場合には、早く自己破産について借金相談する事によって、積極的に解決に乗り出す事が大切です。返済は簡単そうで難しい事もあります。

自己破産の借金相談と官報への影響

多くの人は自己破産の借金相談をすると、官報に自分の名前が掲載されてしまう事を恐れる人もいます。確かに、自己破産の借金相談をして無事に行う事ができれば影響はあると考えられます。

自己破産の借金相談をするとデメリットについて法律家から聞かされる事もあるでしょう。しかし、だからと言って自己破産の借金相談をしないと、より一層問題が危機的状況となってしまう事もあると考えられます。

自己破産の借金相談をすると確かに良くない影響もあると思われますが、それよりも優先すべき事もあるでしょう。この時期は悩む事も多く大変だという事が予想されますが、何が大事なのかという事を常に考えて行動しましょう。

自己破産で借金相談しないために

きっと自己破産で借金相談を行うすべての人が、こんな事はしたくないと考えている事でしょう。自己破産で借金相談は避けられるに越した事はありませんが、やはり仕方なくこの様な状況に陥ってしまう事もあると思われます。

自己破産で借金相談しないためには、自分自身が借金をしないという事がまず必要でしょう。また連帯保証人になる事で他人の借金を肩代わりする事も考えられますので、自己破産で借金相談をしないためにも、自分が連来保証人にならない様にする事も大事です。自己破産で借金相談しないために考えて行動しましょう。結果として自分や家族などが困る事になります。先の事まで考える事は欠かせないでしょ。

大阪で自己破産、債務整理、過払い請求に強い弁護士、法律事務所は

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

JR大阪駅すぐ。阪急梅田駅、阪神梅田駅、大阪地下鉄梅田駅、西梅田駅、東梅田駅 近く

TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【HP】

https://www.kabaraikin.com/ 【過払い金ナビ】

https://www.shakkin.net/ 【債務整理ドットネット】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階

JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連