弁護士が開設した事務所が法律事務所

弁護士が開設した事務所が法律事務所です。弁護士法第二十二条に弁護士の事務所は法律事務所と称するとあります。法律事務所と称することが出来るのは弁護士が開設した事務所だけということです。

また弁護士事務所というのは通称で正式には法律事務所になるということです。ところが現実には法律事務所は司法書士や行政書士が何人かでやっている所も多いのです。多くは所属する事務所において法律事務を遂行しています。

その他には官公庁や企業の内部において法律事務を遂行する場合がありインハウスロイヤーと呼ばれます。事務所の規模は様々で一人からのみ構成されていることが非常に多いのです。

また世界各国に事務所を有し様々の地域に数千人を抱えるような規模のものまであります。