弁護士に相談

自己破産すると、今住んでいる京都や大阪の賃貸アパートを出ることになるのでしょうか。これは出て行く必要はありません。

たとえば家賃を滞納し続けたりで、契約事項に抵触していた場合は立ち退きを命じられる場合もありますが、自己破産すなわち退去とはなりません。

ただ、新しく賃貸物件を借りる際に不利になることはあります。これは、一部の仲介会社が、クレジットカードでの家賃の支払いを奨励しているからで、自己破産の場合はクレジットカードの審査に通らないからです。

その場合は、クレジットカードでの支払いがない会社や、昔ながらの仲介業者で物件を探してみましょう。

自己破産を考えているのであれば、まず弁護士や司法書士事務所の相談で、不安な点を話してみるといいでしょう。司法書士の場合は相談も無料なのでお勧めです。