加害者の対応と交通事故の慰謝料

人が怪我をした場合には、交通事故の慰謝料は増える可能性が高い事などから、ちょっとした怪我であれば対物事故として扱う様に提言される事もある様です。しかし、怪我をしているのであれば、慰謝料が発生する交通事故である可能性も否定はできません。

ですので、交通事故のすぐ後に慰謝料の事は分からなくても、警察を呼んで保険会社に連絡するなどという事を行った方がいいでしょう。加害者が交通事故の後に、丁寧に対応してくれるといいですね。

慰謝料については保険会社とやり取りを行う必要があります。慰謝料の事はともかく、交通事故が発生すると、怪我の確認や、すぐさま必要な医療を受ける事を優先したいですね。