暮らしの法律家と言われる司法書士

以前から司法書士は、暮らしの法律家と言われる事が多いみたいです。
この言葉の意味は、生活に密着した問題を解決してくれる身近な存在で、相談しやすいというような意味が込められている事だろうと思います。

確かに、弁護士は法律家の中でもよく知られているかもしれませんが、先生と呼ぶ人もおり、敷居が高く感じられたり、または少し遠い存在に感じられるという人もいる様ですね。

それに比べると、司法書士はちょっとした事でも気軽に話ができると言った感じでしょうか。

しかし、司法書士と弁護士は両方必要だと個人的には思います。それぞれに役目があって、いろんな種類の問題を解決する必要があります。

問題の内容に応じて適切な法律家を選ぶ事で、より好ましい結果に近づけそうですね。