弁護士のイメージ

弁護士と言えば。高収入で権威もあるようなイメージの職業ですが、経験や仕事内容、実力などで給料が大きく左右される職業です。

裁判員制度導入や、裁判の迅速化、より質の高い法曹人口の確保などから、新司法制度がはじまりました。

このため、弁護士の数も増え、需要よりも供給のほうが増えています。弁護士の新しい役割を気づいていくことが今後の課題となるでしょう。

弁護士の仕事

弁護士と言えば、ドラマなどでも題材としてとりあげられることが多いため、法廷に立っている場面が思い浮かびます。

また、最近はテレビのコメンテーターなどで活躍している弁護士も増えてきています。高収入で権威もあるようなイメージの職業ですが、経験や仕事内容、実力などで給料が大きく左右される職業です。

弁護士の仕事は民事に関わるものが多く、離婚調停や金銭トラブルの解決などが多いです。裁判員制度導入や、裁判の迅速化、より質の高い法曹人口の確保などから、新司法制度がはじまりました。

このため、弁護士の数も増え、需要よりも供給のほうが増えています。

近年、企業の国際化などの影響もあり、企業の取引や国際問題を扱う弁護士も増えており、今後の活躍が期待できます。